練馬区の戸建 スケルトンン・耐震リフォーム 大泉町 大泉学園町 土支田 光が丘

■一級建築士事務所■ ~ 住宅からテナントまでプランニング企画&総合リフォーム工事お任せ下さい!! ~
  『リフォーム工房・石神井公園スタジオ』 株式会社ホームス空間創建
 
個人情報 サイトマップ

 
 リフォームの流れ
 リフォーム料金プラン
 リフォーム事例
  ・マンションリフォーム
  ・デザインリフォーム
  ・戸建リフォーム
  ・アイディアリフォーム
  ・外壁リフォーム
  ・テナントリフォーム
 リフォーム豆知識
 安心低価格の理由
 リフォームの心得10カ条

 築50年戸建の耐震フルリノベーション! 練馬区H様邸

 
 建物データ
 所在地 東京都練馬区
 築年 50年
 構造 木造2階建 (在来工法)

基礎工事:布基礎から土間にコンクリートを流し込み、ベタ基礎に。新たなべた基礎で基礎から補強。
木工事:建物中央に配置されていた階段の位置を変更し、使い勝手の良い空間へ。1F2F共、間取りを一新。
設備工事・電気工事:設備機器類も一新。風呂は一坪ユニットバスに変更し、お風呂の残り湯を再用する「のこり〜ゆECO」を採用。
内装工事:ワックスレスのフローリングは、キッチン面材色とのバランスを考えたものに。施主様と相談し、白を基調とした明るいカラーコーディネートに。
外装工事:重たい瓦屋根からスレート屋根に。外壁は木からサイディングに。土が露出していた家の外周は割り石を敷き張り、中央にはメモリアルツリーを植樹しました。

リフォームのきっかけ
【施主Hさんより】
 幼い頃に住んでいた家でしたが、築50年の家の老朽化は内外共に激しく、ここ数年は物置としての利用しかしていませんでした。しかしながら、南には公園がある採光抜群の都内戸建という好物件でもあり、老後を過ごせる終の棲家として、一時は新築を検討することにしました。しかし建築面積30㎡という狭い状況の中、当時より建築基準法が異なることから、建ぺい率の問題で新築の場合、更に小さい建物になってしまう事がわかりました。
そこで、既存の柱・土台を活かして建築面積をそのままにリフォームをするという選択をしました。そして数社問合せをした中でもスタッフの方全員で真剣にプランを提案・検討してくれたホームスさんの熱意・要望の理解・信用性を基に工事の依頼をさせて頂きました。
  プラン内容





◇BEFORE◇
何度も塗装された木の外壁は塗料がめくれ、
視界を遮ったトタンからは人の気配もなく、
とても雰囲気のある・・・・家という外観でした。
  ◆AFTER◆
建物の構造である柱や土台を残して全て解体し、
現状の建築面積を最大限に再現しました。
重たい瓦屋根からスレート屋根に。
外壁は、メンテナンス性も見た目も良いサイディングに。

モダンなカラーコーディネートで生まれ変わりました!




◇BEFORE◇
築50年の造りですので、建具・設備・構造etc・・・
全てが老朽化し、人が住むには中々難しい状態でした。
施主様も倉庫として使われており、
せっかくの家が勿体無い状態となっていました。
  ◆AFTER◆
10坪しか建築面積が無いため、広いLDK
をとるため中央に配置されていた階段を壁際に配置しました。
階段下には極限までスペースを広げ収納を設置、
無駄な空間が無い設計となっております!
     
 
 
 
 
 
 
     

 施工スタッフコメント
【企画・プランニング内容】
 工事の完了後、当面の間は施主さんの娘さん夫婦が住み、その後は施主様の終の棲家として考えたいとのご要望があり、打合せは1〜2週間置きに約3ヵ月ほどの期間を要しました。プランニングに対する打合せの過程で、若い夫婦とご高齢のご夫妻の意見や要望の相違も多々ありましたが、当社スタッフ全員の経験と発想から一つ一つプランニングさせて頂きました。ご予算もご要望に対して厳しい部分も多くございましたので、当社との当社全職方から商材問屋まで、品質を落とす事なくどこまでコストダウンが出来るかといった施工ミーティングが深夜に及ぶ事もありましたが、今回の案件の施主さんのご要望【住い勝手・耐震強度・予算・充実した設備機器等など】を十分に取り入れる事ができた建築リノベーション工事だと思います。
 

 耐震補強工事

◇BEFORE◇
建物の主に横揺れに対応する筋交いですが、当時(50年前)は筋交い等に関する法律も明確なものは無く、厚さ1.5cmほどしかない、ぬき板とも呼ばれる薄い板が使われていました。
しかも途中で途切れてしまっている状態で、構造補強の機能を果たしていませんでした。。





◆AFTER◆
建物の四隅はもちろんの事、建物の全体バランスを考慮しながら必要な構造補強箇所には全て筋交いを入れました!
既存柱や土台等にも部分的に腐食や白蟻の被害が確認出来たため、再利用する際には必ず差替えと補強をしてから組んでいます。もちろん基礎土台廻りの木材には防蟻、防腐材と塗布しております。

 
左写真の金物は火打ち金物と呼ばれる建物の隅の座屈変形に対応する金物です。その他にも適材適所に羽子板ボルトやかんざし金物Lアングル・ひねり金物等を出来うる範囲で補強し、耐震補強していきます。金物は木材の引抜き防止に繋がり、建物の倒壊を防いでくれます。    抜けてしまいそうな程脆弱箇所もあった2階の床下地は、しっかりと根太から組み直しました。
ここでも、必要に応じながら既存の木部には全て
補強しながらの施工となります。
施工前には全く入っていなかった断熱材。
天井・壁にはグラスウール、・床下にはスタイロフォームと部位別に分け、全てにしっかりと施工しました!

     
 
 
 
 
 
 
     

  外装工事

 
 
 
道路に面する敷地は防犯と採光性を意識し、塀は設けずあえてオープンに。その代わり全てシャッター付サッシとしました。
薄いオレンジの乱張り自然石が、ブルーグレーの外壁を柔らかい雰囲気にしてくれています。
中央には、施主様の日々の暮らしを見守る
「メモリアルツリー」として私共より
プレゼントさせていただきました。
外観を意識し、成長しても葉が生い茂りにくい
種類を選別しております。
玄関前も、私有地の境界ラインまでタイル・石を張込みました。土から発生する湿気で土台の腐食や白蟻防止にも繋がります。庇もステンレス製のスタイリッシュデザインタイプ!

ブルーグレーの外壁に合わせた、モスグリーンのコロニアル。
これまでの瓦屋根より軽くて丈夫なスレート屋根ですので、
荷重が軽減し、耐震性も向上しました♪
建物の構造上、後付けを余儀なくされたバルコニー。
足が地面に落ちないよう、特殊な設置方法に工夫しました。
私有面積内に納めるため、特注のオーダーサイズとなっております。
     
 
 
 
 
 
 
     

  バリアフリー工事

 
 
 
★階段★
勾配の角度と踏み板の奥行、
曲がり方の形状など、施主様の老後を考え、
勾配を緩めに検討を致しました。
★階段 手摺★
階段の上り始めから上りきりまで繋げた手摺。
建物の構造上、手摺を避けて
窓を配置することは出来ませんでしたが、
開閉に支障がない様手摺を連続させています。
壁付けの照明で足元も明るくしています。
★トイレ 手摺★
便座に座る時、便座から立つ時。
老後の使い易さを考慮して、L型の手摺を設置しました。

★ユニットバス 手摺★
浴槽をまたぐ為の縦型の手摺だけでなく、
浴槽から立ち上がる時に掴む横付け型の手摺も設置しました。
★階段上空間★
以前、緊急時にタンカーで運ぶ事が出来なかったという教訓を活かし、施主様のご希望により、階段上には十分な空間を設けました。
     
 
 
 
 
 
 
     

 部屋写真

◇BEFORE◇
流し台にタイルを用いた、造作のキッチンスペースでした。。





◆AFTER◆
2250サイズのシステムキッチンに!
吊戸と上下で色を分けたキッチンはフローリングと馴染み、
部屋全体に統一感と明るさを持たせてくれます。

 
◆1F LDK◆
南側からはふんだんに光が注ぎ込みます。
出入りを考えた掃き出し窓、
採光と通風を考えた腰窓と欄間窓。
日中は抜群の採光性でお部屋の気持ちも明るくなります!
  ◆2F 和室◆
寝室となる6畳の和室。
ベランダに面した掃き出し窓からも、
南からの光が注ぎ込みます。
畳縁はモダンな紺色をチョイス。
家のイメージともピッタリです。
◆2F 洋室◆
左手にクローゼット、右手に押入れ。
押入れは、客用布団も十分に入る収納力です。
建具が多いものの、壁を白で統一しているので
圧迫感がありません。

     
 
 
 
 
 
 
     

   
 築50年程の建物という事もあり、耐震補強の観点から当初の見込みよりも状態の悪い箇所が多々確認され特に柱や土台の部分差し替え、補強には想定以上の時間と手間が掛かりましたが、その甲斐もあり近年の新築物件にも負けない建物にリフォームする事が出来たと思います。施主様こだわりのキッチンやお風呂等機能も充実しており、細かな部分を上げるときりがありませんが、住むと分かる便利さというものが設備以外にも、間取りや動線又採光、風通り等からもたくさん詰められた仕上げになったのではないかと思います。施工中も施主さんには何度も現場へ足を運んで頂き、いつも当社の仕事ぶりをほめていただいた事は、我々監督や職方達の大きな力になりました。お引渡し時にも大変喜んで頂き、心より嬉しく思いまた感謝の念で一杯です。施主さまにご招待頂いたお食事会楽しみにしております!

 石神井公園スタジオ』 リフォーム工房
 〒178-0063
練馬区石神井町2-15-7-1F


営業時間
AM10:00-PM:7:00 定休日毎週水曜日
TEL:03-5923-1282 FAX 03-5923-1283
 


石神井公園スタジオTOP リフォーム事例   リフォームスタジオのご案内 スタッフ紹介 サイトマップ
  リフォームの流れ   マンションリフォーム   スタジオ近所の紹介   当社紹介チラシ
  リフォーム料金プラン   デザインリフォーム   会社概要 スタッフ日記     ↓   ↓
  安心低価格の理由   戸建リフォーム デザイナーズ建築
プランニング
  個人情報     石神井公園スタジオ
  リフォームの心得10ヶ条   アイディアリフォーム   見積・相談・お問合わせ   武蔵野スタジオ
  リフォーム豆知識   外壁リフォーム テナント専門部隊
ホームページ無料作成
           
  お客様の声   テナントリフォーム          
All Rights Reserved (C)shakujii-studio